世田谷のパン屋「にじぱん Bread Factory」店主の夫かつ二児のパパのパンレシピ。

#0「にじぱぱ」のパンレシピ始めます。

始まりは妻が経営するパン屋のホームページの「レシピ」でした。

5年前、店の開店後まもなく公開したホームページに「レシピ」というページを作りました。そこで店のパンを使ったメニューを紹介して行く予定だったのです。

ところが実際に店を始めてみると、経営者であり、店主であり、唯一の職人である妻にはなかなかそこまで手がまわりませんでした。

店自体の営業は木曜日から土曜日の週3日なのですが(開店から4年は週4日でした)、仕込みや準備、メニュー開発等々で休めるのは日曜日だけ、いや時期によっては日曜日も休めないこともあります。営業日は朝の4時から夕方6時まで立ちっぱなしで働く状況です。

 

そんな状況なので、ある日妻から

「ずっとComing soonになってるホームページのレシピは、パパがブログとして書いてくれる?」

と依頼されました(「にじぱん非公認」を謳っていますが、それはメニューの中身だけで、ブログ自体は「公認」です。そもそもホームページからリンク貼っていますし)。

 

そんな経緯で始めるこのブログでは、世田谷区北烏山のパン屋「にじぱん Bread Factory」の店主の夫であり、二児のパパでもある私、「にじぱぱ」がパンを使ったレシピをご紹介して行きます。

ただし、おしゃれなカフェメニューのようなレシピのご紹介ではありません。

インスタ映えする写真も出て来ません。

子供たちの世話の片手間に、料理が苦手な私でも手軽に出来るものばかりです。

 

最初は図書館で、こんな本を何冊も借りて出来そうなものを探そうと思いましたが、

立派なレシピをトレースするより、肩肘張らない素人の自己流思い付きレシピの方が良いと思い直しました。

 

ですので、ほとんどが朝食として作ったものを、作りながらスマホで撮って簡単な説明を付けるということになります。我が家では、妻が朝早く家を出てしまうので朝食は私が用意しています。

文字通り「用意」としているだけで「料理」はしていません。

妻が店で作ったパンがあるからです。

パンといっても、フランスパンや食パンのような食事パンから惣菜パン、菓子パンまで様々です。ここでご紹介するのは食事パンを使ったもの、サンドイッチが中心になります。つまり、パンに具材を挟む、乗せるという簡単なものです。

レシピという表現も大袈裟な感じです。

ちょっとした工夫、いや、工夫すらしていないかも…で、パンを美味しく食べるヒントになればと思って始めてみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ